HOME>イチオシ情報>包茎だと分かったら直ちに包茎手術を実施すべし

包茎手術までに考えておくべきことがある

包茎手術と聞くと、何か気をつけるべき点がないかと不安な気持ちになりがちです。そんな方のために、包茎手術当日までの注意点についてまとめました。不安を払拭するためにも頭に入れておきましょう。

包茎手術するにあたり気をつけるべきこと

  • 性欲を溜めない
  • どんな治療があるのか把握しておく
  • どれくらいで完治するのか把握しておく

イメージと現実のギャップを埋めよう

いざ、包茎手術をしてもイメージとは違っていて後悔してしまうケースは珍しくありません。そのようなことを防ぐために、まず包茎手術がどんな流れなのか知っておくことから始めましょう。

包茎手術の一般的な流れ

下半身

カウンセリング

まずは、担当医師とカウンセリングをしましょう。どのような治療が適切なのか医師側が判断しやすくなるためにも、どんな些細な悩みも漏れなく伝えるようにしてください。カウンセリング後、医師側より治療プランの説明があります。説明内容に納得がいきましたら、同意書にサインをします。

手術

手術時間は大体20分前後で完了しますので、日帰りで手術を受けることができますよ。不安に感じるかと思いますが、麻酔をしますので痛みもあまりありません。手術によっては、包帯が巻かれます。

アフターフォロー

手術が完了しましたら、今後の注意点について医師から説明があります。包帯を変えるなど、自分でしなければいけないことがありますので、よく聞いておきましょう。何か異変を感じたらすぐに医師に相談するようにしてください。

包茎だと分かったら直ちに包茎手術を実施すべし

男性

包茎手術にはメリットがたくさん

包茎を放置していると、恥垢がたまったり悪臭が発生したりなど、不衛生な状態になります。これが悪化すると性病になってしまいます。包茎手術をすれば、亀頭部分が清潔になり、性病に感染するリスクを抑えることができるのです。また、包茎が女性に知られてしまうと、性行為に自信が持てないこともあります。女性不信にならないためにも、早めの包茎手術をオススメします。